2005年08月15日

亡国のイージス

亡国のイージス 福井晴敏(1999年)原作、58万部超のベストセラーの映画化です。

 この物語のきっかけは、とある防大生がHPに載せた論文から始まります。『国としての有り様を失い、語るべき未来の形も見えないこの国を守る盾(イージス)に何の意味があるのか』

 原作が長編かつ映画の2時間という制約もあり物語の展開が早いです。親切な解説シーンが少ないので公式HP等で予習していくとより楽しめます。その分テンポが良く中だれしない作品です。

続きを読む
posted by 花 at 15:07| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | #em:63704#映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

エターナル・サンシャイン

エターナル・サンシャイン もし辛い記憶を消してくれる会社があったら…。そしてその記憶が恋人の存在だとしたら…。というちょっとSF風のお話です。
 しかし「マルコヴィッチの穴」監督のチャーリー・カウフマンが脚本ですから一筋縄ではいきません。導入部は物語の2/3の所から始まります。現在と過去が絡み合いながら、恋人たちの素晴らしい記憶が語られていきます。
 主演は「マスク」のジム・キャリーと「タイタニック」のケイト・ウインスレットです。他に「ロード・オブ・ザ・リングス」のイライジャ・ウッド、「スパイダーマン」のキルステン・ダンストと主役級の方々が出演しています。

続きを読む
posted by 花 at 13:33| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | #em:63704#映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

コンスタンティン

コンスタンティン マトリックス三部作の次にキアヌ・リーブスが主役を演じた作品です。キアヌは変わらずカッコイイのですが背景の世界観が日本人には縁遠くて難しいかもしれません。。マトリックスがIT+サイバーパンクの物語とすると、本作はキリスト教版と言えるでしょう。
 天国と地獄の狭間にある人間界。互いに人間の魂を賭けて影響を及ぼしている。その均衡を崩した悪魔達を地獄へ送り返す使命を受けているのが、本作の主人公コンスタンティン(キアヌ・リーブス)。あるとき友人の神父(プルイット・テイラー・ヴィンス)の依頼で悪魔祓いをすることになった彼は、この世に異変が起きていることに気づく。地獄の住人が人間の体を媒介にして、地上に進出しようとしていたのだ。そんな彼の元に、妹の自殺の謎を解明しようとする刑事のアンジェラ(レイチェル・ワイズ)が訪れる。

続きを読む
posted by 花 at 02:20| ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | #em:63704#映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

JCF学生映画祭

JCF学生映画祭 1999年に「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」の10周年特別協賛企画として始まった映画祭です。
 現在、ストリーミング配信&インターネット投票が行われています。配信形態が Windows Media Player なのでMacな方には申し訳ないですが、ぜひとも一度ご覧下さい。
 一押しは一般部門の「ママは小学生」です(^^ゞ

続きを読む
posted by 花 at 13:19| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | #em:63704#映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月28日

僕の彼女を紹介します

僕の彼女を紹介します。 『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョン×クァク・ジェヨン監督が再びコンビを組んだ話題作です。チョン・ジヒョンへの監督の愛情が伝わってきて、これでもかってぐらい彼女の魅力を引き出しています。あまりにも頑張りすぎてジヒョンのコスプレ映画ともとれるくらい(笑) 韓国版『ゴースト〜NYの幻〜』」との宣伝文句もありますが…。

続きを読む
posted by 花 at 17:41| ☀| Comment(21) | TrackBack(11) | #em:63704#映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月27日

猟奇的な彼女

猟奇的な彼女 01年夏に韓国で大ヒットしたラブ・コメディです。誰でも知合いに一人はいそうな、元気すぎる女性の恋物語をクァク・ジェヨン監督が素敵な映画にまとめました。
 邦題中の猟奇的という言葉は、サイコ・ホラーのような意味ではなく、韓国語でコミカルの意味だそうです。ちなみにクレヨンしんちゃんも猟奇的らしいです(笑)

続きを読む
posted by 花 at 16:15| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | #em:63704#映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月24日

ハウルの動く城

ハウルの動く城 これまでの宮崎駿作品をきっちりと踏襲し、老若男女問わず楽しめる映画です。
 舞台は蒸気機関が実用化され飛行船が飛ぶ近代。どことなく「天空の城ラピュタ」に通じています。今回はそこに魔法・魔法使いが共存しています。主人公ソフィーの住む町に軍隊がやってきて戦争の足音が近づいてきます…。
 90歳のおばあちゃんが主人公という点がユニークであり「老人のためのアニメーション」を目指したという監督の目標は正しかったと思います。個人的には、中学生〜高校生の方々にぜひ観て欲しい作品です…。

続きを読む
posted by 花 at 00:20| ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | #em:63704#映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月03日

HIRAKATA

Janne Da Arc 入門(笑)として最適の作品でした。
2003年11月18日。大阪府立枚方西高校の体育館で、ジャンヌダルクのシークレットライブが開かれた。トップアーティストとして活躍するジャンヌダルクが、音響も悪く設備の整わないステージに立つ。それは、母校である枚方西高校の女子生徒からの、一通の手紙が始まりだった。
続きを読む
posted by 花 at 01:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | #em:63704#映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月13日

世界の中心で、愛をさけぶ

発行部数が250万部突破という片山恭一のベストセラー小説の映画化作品です。監督は行定勲。
高校時代、初恋の相手だったアキ(長澤まさみ)を病気で失った朔太郎(森山未來)。それから十数年がたち、大人になった朔太郎(大沢たかお)には律子(柴咲コウ)という婚約者ができた。ところが結婚を目前にしたある日、律子が「心配しないで」と書き置きを残し失踪。朔太郎は彼女の行き先が2人の故郷である四国だと知り、すぐさま後を追う。だが故郷をたどるうち、しまいこんでいたアキの記憶が次々と甦った朔太郎は、思い出の迷宮に迷い込んでしまう。

続きを読む
posted by 花 at 02:03| ☁| Comment(5) | TrackBack(18) | #em:63704#映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月26日

真珠の耳飾りの少女

静謐の画家と呼ばれるフェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」の背景を描いた作品です。
17世紀のオランダ。画家のフェルメール(コリン・ファース)の屋敷で使用人として働き始めたグリート(スカーレット・ヨハンソン)は、ある日、アトリエの窓拭きをしたことで光を変化させ、フェルメールの創作意欲を刺激する。やがてフェルメールは、グリートの色彩センスを見抜き、彼女に絵の具の調合を手伝わせるようになるが、2人の関係はフェルメールの家族の嫉妬を呼ぶ。その頃、パトロンのファン・ライフェンが新たな集団肖像画を注文した。ファン・ライフェンに挑発されたフェルメールは、グリートの肖像画を描くことに。


17世紀のデルフトの情景が1枚の絵画のように美しく表現されています。運河の街には船が交通・物流を担っていて、冬に凍りついた水面はスケートや橇で移動しており、当時の生活には欠かせないものであったことが分かります。


この物語の見所とはフェルメールとグリートの愛の物語でしょう。CINEMA STREETの解説が一番素晴らしかったので紹介いたします。
絵の具をすりつぶす棒に添えられたフェルメールの手の感触に、男性を意識して身を震わせるグリート。彼女の感性に創作意欲をかきたてられ、次第に同志愛のような感情を持ち始めるフェルメール。
主人と使用人の距離を保ちつつも、お互いが本能で理解しあえる運命の相手だと気づくふたり。思いを寄せる画家の視線にさらされ、心を裸にされていくグリート。
モデルになることを承諾し、真珠の耳飾りをつけることに同意した彼女は、画家の持つ針で耳たぶを貫かれたとき、少女から女に生まれ変わる。頬を伝う一筋の涙と共に、ほとばしる情感。
どれほどエロティックな性描写を尽くしても描ききれない官能の刹那を、格調高く描きあげたこの場面は、映画史上、最も純粋なラブ・シーンと言っても過言ではない。
R指定は無いのですが素晴らしく官能的でした。このような演出を考えつくスタッフの方々に敬意を表して5つです。

出演:★★★
脚本:★★★
演出:★★★★★
評価:1400円

真珠の耳飾りの少女(公式)
CINEMA STREET(TV東京)
美の巨人たち(TV東京)
goo 映画
Yahoo! Movies
"青いターバンの少女"に秘められた物語(All About Japan)

真珠の耳飾りの少女 フェルメール(オランダ政府観光局)
関内MGA(Movie Gallary Academy)

■原作:真珠の耳飾りの少女 / トレイシー・シュヴァリエ
スカーレット・ヨハンソン(グリート)
コリン・ファース(フェルメール)
posted by 花 at 13:47| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | #em:63704#映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月04日

IN THE CUT

一言で書くと裏メグ・ライアンの映画です。

 怪しげな「ケ・セラ・セラ」で始まりサスペンスを基調として物語りは進んでいき、街に生きる女性の裏の顔がそのテーマと言えるでしょう。
ニューヨークの大学講師のフラニー(メグ・ライアン)は、過去に傷ついた経験から、世間との繋がりを絶ち、腹違いの妹(ジェニファー・ジェーソン・リー)とだけの静かな生活を送っていた。ある日、近隣で猟奇的な殺人事件が起きた。フラニーは犯人らしい人物を目撃したのだが、聞き込み捜査の刑事マロイ(マーク・ラファロ)には、話すことができなかった。彼女はマロイと関係を持つようになるが、2人につきまとうように不審な出来事が続き、マロイが犯人ではないかと疑うように。しかし、心の奥底にあった「性」が目覚めてしまったフラニーは、激しい感情に揺れるのだった。

 全編に渡り暗示的な演出がされており、時折挿入される詩編や小物などが重要なメタファーであり物語りのキーとなっています。
 万人が納得する良いシーンは、なかなか心を開かないフラニーが妹と語り合う所ではないでしょうか。
 カップルで観に行く映画ではないですよぉ(汗)女性一人か数人で心の奥底を振り返ってみる作品です。男性は…ノーコメント(笑)

 ラスト前の真赤に染まったドレス姿のメグ・ライアンが道路を歩くシーンが幻想的(少し危なさを含んで)で印象に残りました。

出演:★★★★
脚本:★★★
演出:★★★
評価:1200円

イン・ザ・カット(公式)
Broadband Watch
goo
Yahoo!
All About Japan (映画)
イン・ザ・カット / KAZUAKI.JP
イン・ザ・カット / Lovely Cinema
IN THE CUT / ばにらのおさんぽ
posted by 花 at 23:50| ☔| Comment(5) | TrackBack(4) | #em:63704#映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月15日

イノセンス

 MATRIXのヒントになったと言われる士郎正宗作品の映画化です。前作(GHOST IN THE SHELL)の復習をしておいた方が楽しめるでしょう。

人間とロボットが共存し、電脳ネットワークが整備された近未来都市。ある夜、少女型のアンドロイドが暴走し、所有者を惨殺する事件が発生する。人間のために作られた機械がなぜ人間を襲ったのか。内務省公安九課に所属する刑事バトーは、相棒のトグサとともに捜査を開始する。自身が全身を義体化したサイボーグであるバトーは、捜査の過程で様々な人形=ロボットと出会い、その存在に托された意義について思いを巡らせる。捜査を妨害するハッカーに苦しみながらも、バトーとトグサは事件の核心に迫ってゆくが…。



 監督押井守の映像世界が妥協なく表現されておりその美しさに圧倒されます。CGを駆使した場面では実写かと錯覚するほどです。択捉島が国家主権があいまいなままに多国籍企業に進出され、アジア系の人種のるつぼとなる…。近未来の混沌としたアジアの街は説得力があります。
 しかし、台詞が長い箇所が多々あり、情報を咀嚼する前に次のシーンへ流されてしまいます。DVDで巻き戻ししながら観ないと理解しずらいかも(^^;

# 旧約聖書、ミルトン、ダンテ、孔子 なんて引用がばりばり出てきます。

映像:★★★★★
脚本:★★
演出:★★★
評価:1200円

イノセンス(公式)
イノセンス(goo)
イノセンス(Yahoo!)
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(日テレ)
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(goo)
posted by 花 at 10:39| ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | #em:63704#映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月01日

ゼブラーマン

哀川翔主演100本記念作の特撮?ヒーローものです。
市川新市(哀川翔)は、児童から醒めた目で見られ、家庭は崩壊気味の小学校教師。唯一の楽しみは、昔、7話だけテレビ放映されたヒーロー「ゼブラーマン」のコスチュームを着ること。その格好でこっそり街へ出たある日、新市は偶然出会った怪しい男と乱闘に。その頃、防衛庁が密かに調査に乗り出していた。実は、人間に寄生した宇宙人が地球侵略を目論んでおり、新市が倒したのはその宇宙人だったのだ。やがて新市は、本物のヒーローとして悪と立ち向かうことになる…!

続きを読む
posted by 花 at 22:13| ☔| Comment(7) | TrackBack(1) | #em:63704#映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月20日

シービスケット

アメリカでは有名な競走馬のお話です。
1929年の大恐慌以降、アメリカは苦難の季節を迎えていた。自動車販売で成功したものの、息子を事故で亡くし、妻にも去られた大富豪ハワード(ジェフ・ブリッジス)。開拓時代の終焉により、時代遅れのカウボーイとなったトム・スミス(クリス・クーパー)。一家離散の憂き目に合い、草競馬のジョッキーに身をやつした青年レッド(トビー・マグワイア)。人生の辛酸をなめていた3人の男は、運命の糸に導かれるようにして一頭のサラブレッドに出会う。その名はシービスケット。彼らと同じく運に見放された小柄な馬だった…。

観終わった今何か…残るものがないですね。自分が擦れてるからかな(汗)
確かにレースシーンの迫力は、これまでの映画にないものがあります。
前半の登場人物の紹介がいまひとつ間延びしています。
山場が3箇所ありますが、長いせいか2つめで飽きてしまいました。

日本でいうと某TV局の開局○○周年3時間スペシャルといった印象です。

名台詞がひとつ。大富豪ハワードがシービスケットの宣伝の中で
「あなた方は失敗したことがありますか?無い?そんな人はまだ人生を理解していない」
というようなことを言ってました。これはアメリカ人の基本精神と言えます。
ある意味、バブル崩壊後の低迷する日本向けの映画だったのかな。

出演:★★★
脚本:★★
演出:★★★
評価:1000円

公式
Yahoo!
goo
posted by 花 at 13:41| ☁| Comment(5) | TrackBack(2) | #em:63704#映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月16日

ビューティフルマインド

94年ノーベル経済学賞を受賞した実在の人物ジョン・フォーブス・ナッシュ・ジュニアをモデルにした主人公の数奇な運命を描く感動作です。
01年度アカデミー賞最優秀作品賞を含む最多4部門受賞(作品賞・監督賞・脚色賞・助演女優賞)
主演:ラッセル・クロウ
監督:ロン・ハワード

プリンストン大学大学院の数学科から優秀な成績でウィーラー研究所に進んだナッシュ(ラッセル・クロウ)は、周りに変人扱いされながらも数学の研究に没頭。ある時、諜報員パーチャー(エド・ハリス)にソ連の暗号解読を依頼される。世界の危機を救うことに喜びを感じ、密かにスパイ活動を続けるナッシュ。

ストーリー的にはこれ以上は書けないデス。余計な事前知識を入れずに見た方が楽しめます。中盤まで監督の思い通りに騙され続けました(^^ゞ

惜しむらくは上映時間の都合でカットされたシーンが多数(DVDでは収録)あり、それらを観た方が映画として厚みがあったように思えます。

ダニエル・キイスの小説以上のお話でした。まさに事実は小説より奇なり。

Crookshanks
こちらの紹介ページで知りました。

ビューティフルマインド(公式)
ビューティフルマインド(goo)
DVD映画ポータル

非協力ゲーム理論
統合失調症(All About Japan)
統合失調症(精神分裂病)FAQ
posted by 花 at 13:27| ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | #em:63704#映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月05日

ラスト・サムライ

お正月で激混み(^^;の中観て来ました。
19世紀末。南北戦争の英雄、オールグレン(トム・クルーズ)は、原住民討伐戦に失望し、酒に溺れる日々を送っていた。そんな彼が、近代化を目指す日本政府に軍隊の教官として招かれる。初めて侍と戦いを交えた日、負傷したオールグレンは捕えられ、勝元(渡辺謙)の村へ運ばれた。勝元は、天皇に忠義を捧げながら、武士の根絶を目論む官軍に反旗を翻していた。異国の村で、侍の生活を目の当たりにしたオールグレンは、やがて、その静かで強い精神に心を動かされていく。
細かい突っ込み所はありますが、明治維新後のフィクションとして観ると良くできています。良く練られた脚本は全ての伏線に決着が着けられますのでご安心を。配役は素晴らしいの一言につきます。子役まで含めた役者さんたちの演技は見事です。

ちなみにハリウッドお得意のラブシーンは5秒しかありません(笑)最後の合戦シーンはNHK大河ドラマ以上の迫力があって一見の価値あり。

出演:★★★★★
脚本:★★★
演出:★★★★
評価:1600円

日本じゃなくハリウッドでしかこのような映画を作れないというのは悲しいです。
# お金(予算)が無いんだろうなぁ
一応松竹がバックアップしているようです。

Yahoo!
goo
posted by 花 at 13:06| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | #em:63704#映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年12月19日

ファインディング・ニモ

ようやく観てきました。水中の映像が素晴らしいです!
物語はハッピーエンドなので安心して鑑賞できます。

・・・不覚にも泣いてしまいました。

公式
goo
Yahoo!

巷ではカクレクマノミが人気らしいです。

posted by 花 at 02:10| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | #em:63704#映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。